<h1>エラスチンは食べ物からも摂れる?豊富に含まれる食べ物とは?</h1>

エラスチンは食べ物からも摂れる?豊富に含まれる食べ物とは?

エラスチンは食べ物からも摂れる?豊富に含まれる食べ物とは?エラスチンは、私たちの体に備わっている成分です。800個のアミノ酸で構成された繊維状のタンパク質で、伸縮性や弾力性があります。

 

女性は子宮にもっとも多くエラスチンが存在します。他にも、心臓や肺、血管、靭帯、そして皮膚などに存在する成分です。健康にも欠かせない成分であり、近年はエラスチンは美容やアンチエイジングに良いことで注目を集めています。

 

エラスチンを配合した化粧品もありますが、食品から摂る方法もおすすめです。実際に手軽に摂れるサプリメントが販売されていて、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分と組み合わせたサプリが人気です。

 

加齢とともにエラスチンは減るため、それを補うことで、肌のハリや弾力の維持になります。

 

エラスチンは食べ物からも摂れるので、食事にエラスチンを含む食べ物を取り入れてみませんか。

 

エラスチンを多く含む食べ物とは?

エラスチン製品では「哺乳類由来」と「魚類由来」の成分が使われています。つまり、動物食品や魚類からエラスチンが摂れます。

 

動物性食品でいうと、「豚肉、牛肉、牛筋、豚筋、ハツ、軟骨、手羽先」など。

 

魚類では、「かつお、しらす、うなぎ、いわし、さけ、海苔」などに含まれています。

 

また、野菜類からも摂ることができ、「明日葉、にんじん、ホウレン草、モロヘイヤ」などにも含まれます。

 

とくにエラスチンを豊富に含むのは、「手羽先」と「牛筋肉」です。年齢とともにエラスチンは減っていくので、これらの食品をバランスのいい食事に取り入れて、エラスチンを補給してみませんか。

 

女性はダイエット意識が高い傾向から、脂肪の多い肉類を避ける方も多いですが、エラスチン不足になると、肌のハリや弾力が失われてしまいます。若々しい肌を維持し、シワやたるみを防ぐためにも、ぜひエラスチンを取り入れてみてください。

 

食品も身近なものが多く、無理なく普段の食事に取り入れやすいでしょう。日本食の定番、納豆からもエラスチンは摂れます。ちなみに、エラスチンの補給は夜が理想的なタイミングです。夕食時にエラスチンの多い食べ物を取り入れてみてください。

 

また、サプリメントと併用する方法もあります。過剰摂取にならなければ問題ありません。食事から摂るように意識しつつ、足りない分をサプリメントで補う方法もおすすめです。サプリメントなら、カロリーも気になりませんね。

▲TOP