<h1>アトピー肌にもエラスチンが効く!?アトピー性皮膚炎に良い理由</h1>

アトピー肌にもエラスチンが効く!?アトピー性皮膚炎に良い理由

アトピー肌にもエラスチンが効く!?アトピー性皮膚炎に良い理由多くの女性がさまざまな肌の悩みを抱えています。その中でも、とてもつらい肌の悩み、アトピー性皮膚炎の症状ではないでしょうか。

 

小児の皮膚疾患で大人になると軽くなる、治ることもありますが、近年では大人になってから発症するケースもみられています。

 

アトピー性皮膚炎の場合、肌はとてもデリケートになります。敏感な肌で外部刺激に弱く、症状が出ているとかゆみもありますし、赤みが目立つなど、コンプレックスに感じる肌の症状もあります。

 

このようなアトピー性皮膚炎の肌にも、エラスチンは良いと言われています。

 

エラスチンというと、イメージは美容効果、美肌、アンチエイジング効果ですね。コラーゲン同士を結び付ける役割があり、弾性繊維と呼ばれていて、弾力性に優れています。

 

この成分は加齢とともに減っていくので、補うことでアンチエイジングになるのです。そして、アトピーの肌にも良い理由があります。

 

アトピー性皮膚炎の肌にエラスチンが良い理由とは?

アトピー性皮膚炎の症状が出る原因は、肌のバリア機能が低下しているからです。肌にはバリア機能が備わっていて、アトピーではない人でも低下してしまい、敏感肌になることがあります。

 

なぜ、肌のバリア機能が低下するかというと、肌が潤いを失って乾燥するからです。バリア機能が低下すると、さらに乾燥して外部刺激に弱くなるという負のループになります。

 

外部刺激によって炎症を起こし、かゆみや赤みなどの症状が起こります。このため、乾燥対策と保湿ケアが、アトピー肌の改善になります。

 

薬もありますが、根本的に肌を治していくためには、やさしさのある保湿ケアが欠かせません。

 

そこでおすすめしたい成分がエラスチンです。エラスチンはもともと体内に存在し、ハリや弾力、保湿にも関わっている成分なので、肌にやさしく、バリア機能の向上にもおすすめできます。

 

エラスチンはスキンケアで取り入れる方法もおすすめですが、体内からのアプローチも効果的です。

 

エラスチンを増やすためには

体内のエラスチンを増やすと、コラーゲンを結び付ける働きによって肌には良い影響を与えてくれます。エラスチンは私たちが持っているように、動物にも含まれるので、食べ物からも摂れます。

 

とくに「手羽先、牛筋肉」にエラスチンが多く含まれています。そのほかにも、「軟骨、豚、牛、いわし、しらす、鮭、海苔、ホウレン草、にんじん、納豆」などにも含まれています。

 

適度な量なら普段の食事にも取り入れやすい食べ物が多いです。補いきれいない分はサプリメントを利用してみましょう。エラスチンサプリメントを取り入れると、効率よくエラスチンが補給できます。

 

エラスチンの化粧品でスキンケアすると、肌の外側からも同時にアプローチできます。

▲TOP